引越し費用を抑えよう【よく考えて引越しを進めていく】

事前の下調べが必要

ダンボール

思わぬ支出も考える

引越しにかかる費用と言えば、運送屋さんに支払う金額だけを考える人が多いと思われますが、運送屋さん以外にも多くの支出があると知っておくべきです。まず、引越し先が賃貸物件の時には、入居のための前家賃・敷金・礼金・仲介料などの費用がかかることになり、家賃によっては相当額の用意が必要になり、東京都内ですと家賃の6ヵ月分と火災保険料の支払いとなると思われます。またどこから引っ越すのかと言うことで、本人や家族分でかなりかかる場合もあります。北海道や沖縄・九州などから東京へ引っ越す時には、旅費がかなりかかることになり、航空運賃の人数分が必要な訳でこれも相当な額になる場合も出て来ます。引越しする場合、不要な物が確実に出て来ます。家財道具全てを引越し先に持って行くことなく、処分を考える物もたくさん出て来る可能性もあり、その処分に費用がかかると知っておきましょう。また引越し先で、新しい家具や家電製品が必要になる場合もあり、その費用を確保しておくと後々便利なことになります。更には、引越し先での挨拶があり、マンション住まいなら両隣、上下と言った部屋の人に挨拶がてら粗品を用意しておくと良いでしょう。そしてこれら費用以外に大きくかかるのが、引越し料金です。運送屋さんに支払う金額が一番大きくなる場合もあり、必ず複数の運送会社から見積もりをもらうようにします。荷物が多い場合は、大手の運送会社を選ぶなどの工夫も必要になって来るはずです。

Copyright© 2018 引越し費用を抑えよう【よく考えて引越しを進めていく】 All Rights Reserved.